正しい消毒法
イメージ

毎年11月から翌年4月にかけてノロウィルスが流行しやすくなります。
感染経路として、食品からの感染。
人からの感染等があります。
ノロウィルスは、乾燥すると空中に漂い口から入って感染することがあります。
ノロウィルス感染するとウイルス性のおう吐や下痢症状が現れます。
また感染しても症状がない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。
ノロウィルスは感染力が強く、家族や身近な人が感染すると周りの人に移してしまうことがあります。
感染から発症までは24時間から48時間くらいです。
正しい消毒法を覚えて感染を予防することが大切です。
ノロウィルスの予防に効く消毒方法は摂氏85度で1分以上の加熱と塩素系漂白剤での消毒です。
調理器具などは、十分に洗浄し85度以上の熱湯で加熱します。
また、塩素系漂白剤での消毒は、調理器具や子供が口にしやすいおもちゃ等、物に応じて漂白剤の濃度に注意します。
塩素濃度200ppmの次亜塩素酸ナトリウムで浸しながら拭きます。
ノロウィルスの感染は特に小さなお子さんや体力の衰えのある高齢者等はおう吐物を吸い込むことによる肺炎や窒息にも注意が必要です。
家族がウィルスに感染した場合、感染拡大を予防するためにはさせないよう、食器、環境、リネン、ドアノブ、水道の蛇口、便座、トイレの床、階段の手すりなど消毒することが大切です。
感染者が使ったり、おう吐物がついたものは、他のものと分けて洗浄、消毒します。
ノロウィルスによる食中毒予防のポイントは、調理する人の健康管理。
普段から感染しないように食べ物や家族の健康状態に気をつけ、症状があるときは直接調理作業はしないことや症状があるときは早めに医師に相談する。
また、手洗いを必ず行うこと。
トイレを出た後はもちろんのこと調理前や盛り付けの前等、石鹸で十分泡立て、指のしわや間まで丁寧に洗うことが大切です。
汚れの残りそうなところは丁寧にします。
十分な洗浄にかかる時間をハッピーバースデイの歌を3回繰り返すと丁度良い時間です。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031